このページは(内科・循環器内科) こうふサザンクリニック TOP の中の お知らせ の中の 悪玉、善玉コレステロールを定期的に測定しましょう。 のページです。

悪玉、善玉コレステロールを定期的に測定しましょう。

2009年10月11日

悪玉、善玉コレステロールを定期的に測定しましょう。

当院では、総コレステロール・HDL(善玉)コレステロール・中性脂肪を院内で測定できる最新機種を導入しました。
採血して約5分で結果がわかります。
LDL(悪玉)コレステロールも同時に計算されます。
これにより、食事療法や薬物療法の効果がその場でわかりますので、今後の治療方針の決定に非常に有用です。


LDL/HDL比とは。

動脈硬化を予防したり、改善させたりするには悪玉(LDL)コレステロールを減らすことが有効ですが、最近では、悪玉コレステロールが正常範囲でも、心筋梗塞など動脈硬化が原因である疾患が起こることがあります。
そのような人は、悪玉コレステロールの値を善玉(HDL)コレステロールの値で割った数値(LDL/HDL)が2.0より高いことが多いことがわかってきました。
さらに、その数値を1.5以下にすると、動脈壁に生じたプラーク(コレステロールや脂肪が蓄積したもの)が縮小するということもわかってきました。
従って、LDLを正常化した後は、LDL/HDL比を下げるように治療を続ける必要があります。

お問い合わせ

こうふサザンクリニック[内科・循環器内科]
電話 055-225-1133



ページの先頭へ